目の下のクマの種類について

目の下のクマには、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類のタイプがあります。
それぞれ目の下のクマになる原因と対策が違いますので、まずは自分がどのタイプなのか見極めましょう。
はじめに、それぞれの目の下のクマの見極め方と原因を紹介しますので、自分がどのタイプか確認し、MENUの一覧にある種類別の目の下のクマのページに進んで下さい。そちらにタイプ別の目の下のクマの対策方法を紹介しております。
MENUの中の4つめの項目には、目の下のクマを消すのに効果的なコスメをタイプ別で紹介しておりますので、そちらも参考にして下さい。

青クマ

青クマの見極め方法

 

目の周りの皮膚を軽く引張ると少し色が薄くなり、目の下のクマが動かない場合はこのタイプです。また、ファンデーションを塗ると薄くなっても、鏡を見ながら顔を上へ向けても薄くなりません。

 

 

青クマができる原因

 

睡眠不足や疲労、目の疲れ、冷え性、ストレスなどによる目の周りの血行不良が原因で、とくに皮膚の薄い人や色白の人は目立ちやすいです。また、喫煙やホルモンバランスの乱れが原因ともいわれています。
目元の皮膚は頬と比べると4分の1程度しかないく、とても薄い皮膚ですので、目の下の血行が悪くなって血液が溜まったものが青黒く見えてしまいます。これが青クマとなります。

茶クマ

茶クマの見極め方法

 

目の周りの皮膚を軽く引張っても薄くならず、目の下のクマも引張られた皮膚と同時に動く場合はこのタイプです。また、ファンデーションを塗ると薄くなるが、鏡を見ながら顔を上へ向けても薄くなりません。

 

茶クマができる原因

 

目の下の色素沈着や、紫外線や加齢によって小さなシミがたくさんできてしまったことが原因です。
目の下の色素沈着が起こる原因は主に2つあります。
1つ目は、クレンジングのときにアイメイクがしっかりと落ちていないことです。残ったメイクが残ったままになるとメイクが酸化し、そこに紫外線があたるとメラニン式をが沈着して色素沈着となります。
2つ目は、目をこすったりなどの皮膚への刺激です。目の周りの皮膚が薄い部分は、少しの摩擦や刺激でも色素沈着になってしまいます。とくに、湿疹やかぶれ、目の皮がむけやすい方は注意が必要です。

 

黒クマ

黒クマの見極め方法

 

目の下の皮膚を軽く引張ると色が薄くなったり、消えて見えなくなる場合はこのタイプです。また、ファンデーションを塗っても薄くならず、鏡を見ながら顔を上へ向けると薄くなります。

 

 

黒クマができる原因

 

加齢などによって下まぶたの皮膚が薄くなってたるみ、その下まぶたのたるみの下に影が見えることが原因です。このことから、黒クマは「影クマ」とも呼ばれています。また、涙袋が原因で、その下が影のように見える場合もあります。
たるみの原因は主に加齢によるものですが、急激なダイエットが原因となる場合もありますので注意が必要です。


このページの先頭へ戻る